失敗しない為の転職活動に関する必要知識

履歴書

1から学べる!の転職の流れ

転職活動を行うに当たり、一つ決めなけらばならないポイントがあります。それは、転職活動を「在職中に行うのか」それとも「退職後に行うのか」という点です。

転職を行う際の流れとして一般的なものは、求人情報を探し希望する仕事を見つける、応募後に試験を受ける、内定獲得後に勤務開始日を決定する(在職中の仕事があれば退職日を決定する)、勤務開始という形になります。

在職中に活動を行う場合、仮に転職先が決まらなくとも収入面が保障されるというメリットがありますが、中々活動がはかどらない可能性もあります。

退職後の場合、活動に集中できるので転職までの期間が短く済む可能性が高くなりますし、採用後はすぐに働き始めることが出来るというメリットがあります。

在職中、退職後を問わず、どちらの状況においても転職を完了させるためには「退職する」と言う必要があります。転職活動中に最もストレスがかかるタイミングがこの時で、「円満退社」を目指さなければ後々のトラブルの原因となる可能性があります。

基本的には「転職先が決定してから退職の意思を伝える」ということになりますが、退職の意思を示してから実際の退職までは2~3か月程度の期間が必要になる可能性が高いため、転職先とも良く話し合っておくことが大切です。また、スムーズに退職できるように業務の引き継ぎなどの準備は早めに始めておくと良いでしょう。


年代別、転職活動にかかる平均期間

現代では、最初に就職した企業に定年まで勤めるのではなく、途中で転職を考える人が多くなっています。転職活動を行うに当たっては、自分の年齢を考慮することが大切です。年代によって、転職先が見つかるまでの期間には違いがあります。

しっかりと考えないまま行動を起こしてしまうと、いつまでも仕事を見つけることができず、生活に支障が出てしまいます。就職してから数年という20代の場合は、比較的スムーズに転職先を見つけられる可能性があります。しかし、30代、40代になると、長い期間がかかることが多いものです。

転職活動を行う際は、長期にわたってしまうことを念頭に置いておく必要があります。自信のある人は、すぐに転職先が見つかると考えてしまいますが、十分なスキルを持っている人でも、意外と不採用が続いてしまうものです。

余裕を持った計画を立てていないと、なかなか採用されない場合に、不安が募ってくるようになります。20代であれば、数ヶ月で転職することが容易です。

しかし、30代になると1年くらいかかってしまう人も出てきます。また、40代では1年を超えることも少なくありません。転職活動は、相当な期間がかかるものなのです。


転職活動に有利な時期があるらしい

転職活動というのは、新卒の社員とは関係ないために、いつ行っても特に関係は無いと思われている方も少なくないのではないでしょうか。

しかしながら、実は有利な時期というものがあるのです。それはいつなのかというと、ゴールデンウィークから夏休みに入る前あたりの時期です。

4月に入社をしたけれども、様々な理由で会社を辞めるという人が多くなるのが5月頃で、その穴を埋めなければならない人事担当者にとっては、救いの手となる事もあるので、とんとん拍子で採用が決まってしまうということも少なくないといいます。

転職活動を行うタイミングは、人それぞれかもしれませんが、出来れば避けた方が良いと言われている時期は、やはり2月から3月にかけての会社の繁忙期です。

それはどうしてかというと、決算期にもなっているために、経理部ではなくても会社自体が何かとバタバタする時でありますし、4月の新入社員を受け入れるために人事部なども忙しく動き回る事が多い時だからです。

そのために、履歴書や職務経歴書などを送付しても、何かと後回しにされてしまう事も少なくありませんし、焦って何度も連絡をしてしまったりすると、迷惑に思われてしまう事さえあるのです。


転職活動の長期化に備える方法

就職難と言われた時代も多少の落ち着きを見せるようになってきましたが、それでもまだまだ新卒者の就職までの道のりの険しさは大変なものです。

そのような時代に転職活動をするということは、自らまた過酷な状況に踏み入れるということでもあるため、転職活動が長期化した場合に備えて「十分な資本を確保する」ということが大切です。

貯金などを切り崩して生活するということでも良いですが、雇用保険を活用したり、副業として何らかの収入源を確保しておくという準備をしておくと、安心して転職活動を行うことが出来ます。

生活をするうえで必要な資金を十分に確保することが難しいのであれば、そもそも「仕事を辞めずに転職活動を行う」と言う選択をした方が良いでしょう。活動の時間は限られてしまいますし、会社に対して後ろめたさを感じてしまう可能性はありますが、少なくとも生活苦に陥ることは避けることが出来ます。

いつから活動を始め、いつごろまでに決める、猶予期間をどの程度設け、その間の生活費はいくら必要かと言ったプランを綿密に計画し、十分な余裕を持って転職活動を行えるように備えてください。万が一、どうしても生活費に困ってしまった場合には「総合支援資金貸付」などの制度を利用すると良いです。

お勧めの転職エージェント